糖尿病協会歯科医師登録制度「糖尿病と歯科との関わり」

歯科医師も糖尿病治療に協力します!

本国内には、700万人を超える糖尿病患者さんがおります。近年、糖尿病と歯周病の因果関係に関する論文が報告され、歯周病は糖尿病の腎症、網膜症、神経障害、大血管障害、小血管障害に次ぐ6番目の合併症と言われています。昨今では、糖尿病患者に対し歯周病の治療・管理を行うことにより、血糖コントロールが改善したとの報告がなされており、糖尿病と歯周病の間には双方向の関係があると指摘されています。このような中、日本歯科医師会は国民病といわれる糖尿病対策に寄与するため、糖尿病協会と連携し「日本糖尿病協会 歯科医師登録医制度」を創設しました。糖尿病患者の歯科治療経験があり、歯周病治療を積極的に実施している歯科医師が、研修を受講して登録歯科医師として認定を受けました。現在、岩手県内には105名の登録歯科医師がおり、日本糖尿病協会のホームページより検索することができます。(http://www.nittokyo.or.jp/

metabo